忍者ブログ
2017年12月 / 11月≪12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

2017'12.18 (Mon)

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

00:59  |   |  EDIT  |  Top↑

2009'05.09 (Sat)

[听写&翻译]DEARS世界の物語〜夢の本〜第五話『王様と騎士』朗読:小西克幸

话说这算是100hit的庆贺吗。。=w=

首先感谢BOSS提供的资源〜=v=
(虽然我肯定下过但早就不知道塞哪儿了=3=
刚开始只是意识到这是小西的朗读所以我想听写
但是听着听着就发现——
这是何等的JQ啊啊啊>////<
我要翻我要翻译出来〜〜
于是边听边在寝室里雀跃地乱扑腾
导致阿西说隔壁真的只有艾子一个人吗(噗

有错误请指出,欢迎交流,谢绝转载〜


王様と騎士

朗読:小西克幸
听写:熊仔

  昔々、ある小国に立派な騎士がいました。騎士は王様に忠誠を誓っていて、どんなに激しい戦闘の時も、王様のそばを片時も離れず、敵の攻撃から王様を守り続けていました。王様と騎士が頑張ったので、たくさんいた敵はほとんどいなくなり、王国は平和になりました。
  でも、ずっと戦ってきたせいか、王様はいつも戦っていないと、気が済まなくなっていたのです。
  「敵は、敵はどこにいる?」
  「おや、どうかお心を静めください。一体どこに敵がいるというのです?敵は貴方が全て倒してしまったではないですか」
  「いや、敵がいなくなることなど有り得ない。私は最後まで戦い続ける。」
  そんなある日のこと、騎士と二人で湖へ出かけていった王様は、敵と勘違いして、何の罪もない村人に斬りかかったのです。
  「お止めください。」騎士は咄嗟に村人を庇い、そのまま王様に斬られてしまいました。一番信頼していた騎士を斬ってしまった王様は我に返り、騎士に駆け寄ります。王様は慌てて騎士を抱き起こしましたが、その傷は深く、とても助かりそうにありません。
 「もう、戦う必要などないのです...どうか、心安らかに...そんな悲しそうな顔をなさらないでください...死してなお、心は貴方とともに...」
  そう言って、騎士は静かに息を引き取りました。自分のしたことを後悔した王様は湖に剣とわが身を捧げ、騎士を蘇らせてほしいと願いました。湖の聖はこの願いを聞き入れ、騎士を生き返らせました。しかし、そうして蘇った騎士は王様が自分の代わりに死んでしまったことを知り、愕然とします。
  「そんな...貴方のいない世界で、どう生きるとおしゃるのですか。湖の聖よ、どうか私を王のもとへ連れていっておくれ。そうして、この命と引き換えに、この国の民を幸せに導いてほしい」
  湖の聖は騎士の願いを聞き入れ、王様と騎士の魂を天国へ連れて行きました。そしてそれ以後、この湖には願いを叶える力が宿り、国民は幸せに暮らせるようになったのです。

  おしまい。


国王与骑士

朗读:小西克幸

  从前,在一个小国家中有一名骑士。骑士发誓为国王效忠,无论在多么激烈的战斗中,即使片刻也在国王身旁寸步不离,一直抵御外敌保护着国王。由于国王和骑士的努力,大量的敌人被歼灭,王国归于了和平。
  但是,或许是因为一直战斗的关系,国王总是感到若不战斗就不能安心。
  “敌人,敌人在哪里?”
  “哎呀,请您静下心来。究竟哪里会有敌人呢?敌人不是已经全被您打败了吗?”
  “不,不可能没有敌人。我要坚持战斗到最后!”
  于是某一天,与骑士两人外出到湖边,国王把村民误认为是敌人而刺向毫无过错的村民。
  “请住手!”骑士瞬间庇护住村民,就这样被国王刺伤。刺伤了最信赖的骑士,国王清醒过来,跑近骑士身旁。国王慌张地抱起骑士,却发现伤得很重,已经没法挽救了。
  “已经,不需要再战斗了……请您安心吧……请不要露出那么悲伤的表情……即便死了,我的心仍然与您同在……”
  这样说着,骑士安静地停止了呼吸。为自己的过失后悔不已的国王将剑与自己的身体献给了湖泊,祈求骑士能够复活。湖泊的神灵应许了这个愿望,使骑士起死回生。但是,复活的骑士知道了国王代替自己而死,不禁愕然。
  “怎么会这样……我怎么能在没有您的世界里苟活?湖泊的神灵啊,无论如何请把我送到王的身边。这样一来,用我的性命作为交换,请指引这个国家的人民得到幸福。”
  湖泊的神灵应许了骑士的愿望,将国王和骑士的灵魂带到了天国。于是从那以后,这里的湖泊蕴藏着实现愿望的力量,国民过上了幸福的生活。
  结束。

单轨下载:>>点偶<<
全集下载:>>点偶<<

PR
13:41  |  「聆」 VOICELESS |  TB(0) |  CM(0) |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示 (非公開コメント投稿可能) (現在非公開コメント投稿不可)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL



この記事へのトラックバック

▲PageTop

PREV | HOME | NEXT